母子年金とは、どんなものなのでしょうか?一九八五年、昭和61年4月の年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)改正前の国民年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)法の遺族給付の一つで、夫が死亡した場合に、当時、夫の収入で生計を維持していた子とその妻に支給されていた年金給付のことです。母子年金の支給要件は、妻自身が一定期間保険料を納付していること、18歳未満の子、または、20歳未満の障害児と生計を共にしている事で、子供の数に応じて加算されますが、一律定額の年金が支給されていました。年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)改正後、母子年金は廃止され、1986年4月からは新国民年金法による遺族基礎年金となっているのです。この遺族基礎年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)は、国民年金、もしくは、老齢基礎年金の受給資格のある人が亡くなったときに、配偶者(婚姻の相手のことですね)や子供に支給されるものです。支給の要件として、国民年金の被保険者、被保険者であって、日本国内に住所を持つ60歳以上65歳未満の人。これらの条件にあてはまる場合、保険料の納付期間と免除期間の合計が、保険加入期間の3分の2以上必要となってきます。他には、老齢基礎年金の受給権者、または、老齢基礎年金の受給資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)期間を満たしている人であることです。遺族基礎年金を受給出来る人は、子のある妻、もしくは、子供のみで、子供が18歳到達年度の末日を経過していない、また、20歳未満で障害等級1級または2級の障害者である場合となります。遺族基礎年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)以外にも、厚生年金の加入者が亡くなった場合に支給される遺族厚生年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)というものもあります。受給できる人が、子のある妻か子に限定されている遺族基礎年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)とは違い、遺族厚生年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)では、配偶者や子、父母、祖父母、子のいない妻も年齢問わず対象となります。基本的に死亡時の加入制度が、国民年金なら遺族基礎年金が、厚生年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)なら遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給できることになるのですー